病棟

下肢静脈瘤は病院で治せる|名医のもとで適切な治療を

足のだるさと足のコブ

医者

足のだるさ

足は心臓からもっとも離れた部位になります。このため足は日常生活をしている上で、むくんだりだるくなったりするといった症状が出やすい場所です。このむくみやだるさの原因の一つとして考えられるものとして、下肢静脈瘤があります。下肢静脈瘤は足にある静脈に瘤が出てきてしまう病気です。ただ病気としては良性であり下肢静脈瘤によって急に悪化したり命の危険に晒されることはありません。しかし、だるさやむくみといった症状が慢性的に起こりますし、足がつったり湿疹ができたりします。最悪の場合には皮膚が破れる潰瘍ができ重症化することもあり、近年では下肢静脈瘤は治療対象となっており、専門に行っている名医も多くいます。なお、下肢静脈瘤は主に足に負担を掛ける状態が長い人や遺伝によるものや、出産によるものなど女性に多いとされています。

解消するメリット

下肢静脈瘤となる理由としては、静脈の逆流を防止する弁の働きが弱くなることで発生します。下肢静脈瘤の治療としては、症状に合わせて3つの方法があります。まだ下肢静脈瘤が発生していない状態には弾性ストッキングによって足を締め付けることで改善することが可能です。一方で静脈瘤が発生してしまった場合には硬化療法とストリッピング手術の2つの選択肢があります。硬化療法では静脈に血管を固める薬を注射し、弾性包帯で圧迫して血管を潰してしまうというものです。一方でストリッピング手術では足の付け根や肘など皮膚を2、3センチぐらい切開し問題のある静脈を引き抜くといった方法があります。いずれにしても名医と呼ばれる医師に診断してもらうことが失敗しないポイントになります。名医としては無理に手術をしない医師がポイントになります。下肢静脈瘤は悪性の病気ではないため無理に手術をするにはリスクが伴います。また硬化療法でも経験が必要で経験を詰んだ名医に依頼するのが無難です。

日帰りの手術療法と検査

看護師

下肢静脈瘤に対する手術療法は、日帰りでも出来るようになりました。こうしたことから最近は、日帰りでの手術療法が、人気を得ています。また下肢静脈瘤は、気付いていないことや、放置していることが問題です。

View Detail

症状を軽減できます

病院

下肢静脈瘤には、弾力ストッキングなどを着用することにより、症状を改善することができる治療法があります。この治療法は、ストッキングを履くだけであることから、人気があります。今後は、下肢静脈瘤の方が増えると考えられ、多様な治療方法が出てくると予測されます。

View Detail

血液が逆流して脚にたまる

Flower

足の血管の病気である下肢静脈瘤は、生活スタイルの改善などで予防することができます。まずは、足の血行を良くする努力から始めましょう。それでも発症してしまう場合には、医療機関に足を運んで治療を受けるとよいでしょう。

View Detail

Copyright© 2016 下肢静脈瘤は病院で治せる|名医のもとで適切な治療をAll Rights Reserved.